A+ILLUSTRATIONS



トップページ 英語のカード 教室用 コンテンツ3 綴り みんなの広場
 

七月のイラスト 短冊について

July

満月の七夕の織り姫と彦星のカードです。 実際に満月だと、見えるはずの所でも天の川が見えない!と言われそうですが、織り姫星(こと座のベガ)彦星(わし座のアルタイル)まで正しい位置ではありませんが、はっきり見えるイラストにしました。

ところで、(以下抜粋)→→七夕と色彩(カラーコーディネータの方のによる、わかりやすくて役に立つ、色について考えるきっかけになる素晴らしい講座が沢山載っています)。

抜粋文
七夕の短冊の色は何色あるかご存知ですか?「五しきのたんざく わたしがかいた」と童謡「たなばたさま」の歌詞にあるように五色です。もともと は、青、赤、黄、白、黒の五色と決まっていました。五色のそうめんと同じ色です。この五色は中国の五行思想からきており、それぞれの色に意味があります。

青...木(樹木の成長、発育する様子。春の象徴)
赤...火(火の神、火のような灼熱の性質を表す。夏の象徴)
黄...土(発芽、万物を育成・保護する性質を表す。季節の変わり目の象徴)
白...金(金属のように冷徹、頑固、確実な性質を表す。秋の象徴)
黒...水(命の水の意味から胎内と霊性を兼ね備える性質を表す。冬の象徴)
短冊の色は、日本の縁(ゆかり)の色、尊い色とされる紫が黒に代わって、青、赤、黄、白、浅黄、紫の五色が一般的です。

たいていフィーリングで決めると思いますし、娘はピンクキチガイでピンクの短冊しか選びませんが、時にはその意味を考えながら願い事を重ねていくのもよいと思いませんか?

七夕のイラスト

1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月  
Copyright © 2011 A+Illustrations All rights reserved.
by A+Illustrations for kids